モバイルファクトリーの日常をお届けします

中学生「訪問学習」受入


本日7/14(火)、立正中学校生徒5名の訪問学習受入を実施いたしました。

image

※モバイルファクトリーでは、CSR活動の一環として、

 企業としての社会的責任を現状で最大限果たすために、

 中学校/高校の生徒受入を積極的に行っております。

 

立正中学校からは、2011年から毎年中学2年生の生徒を

受け入れさせていただいており、今年で5回目の実施となりました。

2011年の受入の様子⇒https://www.mobilefactory.jp/corporate/csr/csr2011

image

毎年、男子生徒が圧倒的に多いのですが、今年はなんと全員女子生徒!!

 

image

会社概要を簡単に説明した後、

実際に弊社のゲームやアプリに触れてもらい、

image
image

その後、社内見学へ。

image

↑恐る恐るオフィスフロアに足を踏み入れる生徒たち(と広報の阿部)

 

その後、再度会議室に戻り、グループワークへ。

 

実際にどんな仕事をしているかを少しでも体感してもらうために、

「中学生向けのアプリを企画せよ」というお題に取り組んでもらいました。

image

自分たちだったらどんなサービスがほしいかという視点で必死に考え、

様々なアイディアを出す生徒たち。(と広報の阿部)

 

最後に自分たちが考えたアイディアを皆の前で発表してもらい、

あっという間の2時間が終了しました。

 

2時間という限られた時間で、実際に伝えられたこと、

体験させてあげれたことは、ほんの一部です。

 

しかし、彼女たちが今後、高校生、大学生になり、

「働くこと」や「職業」について真剣に考える時、

今日の経験が少しでも生きれば嬉しいなと思っています。

 

最後は、全員で記念撮影。

image

「ハイチーズ!」って言ってるのに、そっぽ向く広報の阿部。

image

 

立正中学校の生徒の皆さん、お疲れ様でした!